地域に広がる医療生協の輪

鹿児島医療生協の組合員さんは地域の担い手(運営委員)を中心に地域ごとに7ブロック・39支部でさまざまな活動を行っています。

南薩
ブロック
谷山南部
ブロック
谷山北部
ブロック
鴨池
ブロック
紫原
ブロック
鹿児島北部
ブロック
霧島姶良
ブロック
川辺北
川辺南
枕 崎
知 覧
南さつま
谷 山
西谷山
谷山東
小松原
坂之上
福 平
喜 入
指 宿
中 山
皇徳寺
日 置
星ヶ峯
宇 宿
桜ヶ丘
鴨 池
八 幡
荒 田
鴨池南
紫 原
西紫原
田 上
城 山
明 和
城 西
吉 野
吉野東
吉野北
国 分
国分北
国分南
隼 人
隼人南
牧 園
姶 良

支部所在地地図

私たちが大切にする健康観

昨日よりも今日が、さらに明日がより一層意欲的に生きられる。そうしたことを可能にするため自分を変え社会に働きかける。みんなが協力しあって楽しく明るく積極的に生きる。

この健康観を叶えるために、わたしたちは「医療・介護・福祉」「平和」や「環境」など、「いのち」や「くらし」に関わることに関心を持ち、学習し、生活の向上をめざして取り組みます。 

    

組合員の活動

組合員の活動

医療生協の活動の中心は、組合員です。私たちの医療生協は、いつまでも健康でありたいと願う人たちが集まり、よりよいくらしと明るいまちづくりをめざしている組織です。
地域の人々(組合員)と医療従事者である職員が「協同の力」のもとに共にすすめる協同の事業でもあります。全国には、106の医療生協があり、「健康をつくる。平和をつくる。いのち輝く社会をつくる」の理念のもと、さまざまな取り組みがすすめられています。

班をつくってみんなで健康づくり

班は組合員3人集まればつくることができます。医療生協では、年間7,000回を超える班会が開かれています。人気のグラウンドゴルフや調理実習・手芸など同じ趣味の方と楽しんだり、医療生協にいるたくさんの医療の専門家を呼んで健康づくりをテーマに班会を開いたりと、メニューは多彩です。興味のあるテーマで健康づくりやくらしに役立ています。

人気班会メニュー  ●グラウンドゴルフ  ●調理実習   ●体操(ヨガ・健康体操・貯筋体操)など

●班をつくりたいけどどうすればいいの? 

①ご近所・友人・家族に声をかけて組合員を3人以上集めましょう。
②班長さん(連絡係)と日程を決めたら医療生協本部に連絡しましょう。
*担当の職員が班会開催のお手伝いしますのでご安心ください。

●班会では何をするの?
ミニ学習会(職員から学ぶ) ●病気予防 ●健康的な食生活  ●社会保障制度など
施設見学や健康診断  
親子でいきいき子育てサークル  
健康チェック   ●血圧・尿チェック ●体脂肪
健康づくりのために ●健康体操  ●調理実習
同じ趣味を楽しむ仲間と ●手芸  ●グラウンドゴルフ  など
気のあう仲間と楽しみながら健康づくり
groundgolf 21こけ玉つくり合同班会皇徳寺支部
グラウンドゴルフ班会 こけ玉づくり班会
etegami waraiyoga
絵手紙班会 笑いヨガ班会
健康づくりの取り組み

組合員の健康づくりのために学習会を企画したり、班での健康チェック、まちかど健康チェックなどで、地域まるごと健康づくりに取り組んでいます。
血圧測定や尿チェックなど自分で測定できるように「保健学校」を開校したり、すこしお生活(すこしの塩分ですこやかな生活)をすすめたりしています。からだのしくみ探検隊(こども保健学校)など、こどもたちの健康づくりにも力をいれています。

健康診断で病気の早期発見を kyuukyuu
病院・クリニックと協同で健康まつり  保健学校(救命救急:AEDの使い方)
shikumi matikado
こども保健学校(からだのしくみ探検隊) WHO世界保健デー企画(まちかど健康チェック)
エンディングノート「ありがとう」

自分の生きてきた道(過去)を振り返り、現在の自分の価値観を見直し、「これからの人生をどういきたいか」を考えるきっかけになるように想いを書き記すためのノートです。
このノートに家族や仲間など周りの人々に伝えておきたいことを記入することで、これからの「自分らしい生き方」を見つけるきっかけにしましょう。

 enndhinnguno-to

内容

 

・わたしのこと(プロフィール)
・”自分らしく”を最期まで~私の望む介護
・医療
・葬儀
・連絡先
・大切な人へのメッセージ
・財産について など

 

1冊 350円(税込)

まちづくり(社会保障・平和・レクリェーション等)の取り組み

組合員や地域の人びとが安心してくらせるまちづくりに取り組んでいます。社会保障学校では医療・介護、福祉や環境のことを学びます。認知症の方やその家族を地域でサポートするため、認知症サポーター養成講座にも力をいれています。

「平和なくして健康なし」の想いから戦争に反対し、国民平和大行進や原水爆禁止世界大会に参加したり、親子平和企画など世代を越えて平和の大切さを伝えています。

barenntainn  syahogakkou 
 虹のバレンタイン行動で医療生協をアピール  社会保障学校で清掃工場見学
 heiwakoushinn  heiwabunnsyu
平和を訴えて~国民平和大行進 平和文集は毎年発行して30号を重ねました 
機関紙「医療生協だより」
kikannshi

毎月1回発行し、医療や健康のこと、組合員活動(班会や健康チェック、ボランティア活動、平和の取り組みなど)、いろいろな企画のお知らせなどについて掲載しており、組合員・職員によって作られる内容盛りだくさんの機関紙です。

虹の意見箱
IMG 8783 病院やクリニックを利用して気づいたこと、要望や改善してほしいことなど虹の意見箱を利用して伝えることができます。みなさんの声が医療生協のより良い医療・介護の現場をつくります。
虹の意見箱に寄せられた意見は院所利用委員会で取り上げられ、その後の事業活動や運営等に活かされています。
災害復興支援など

東日本大震災以降継続して募金やバザーなどの被災地支援を行っています。病院やクリニックの窓口に募金箱を設置して募金を呼びかけたり、昼食バザーや提供品バザーが企画され、多くの益金が集まりました。
集められた募金は激励の想いをこめた寄せ書きとともに被災地におくられます。

 

01 02
窓口に置かれた募金箱 支部や病院・クリニックで支援バザーが開かれます
03 04
想いをのせた寄せ書きとともに 支援物資の品々
 

このページのTOPへ