医療生協のあゆみ

医療生協とは『ひとりがみんなのために、みんながひとりのために』の精神をもとに 皆で知恵と力とお金(出資金)を出し合い それを基金として病院(診療所)などをつくり、これをみんなの平等な発言によって運営するものです。
                                     (設立趣意書より抜粋)

1974年2月1日 鹿児島医療生協は誕生しました。
組合員数650人、職員数23人とその産声は小さいものでしたが、“全ての人々に より良い医療を提供したい”という大きな信念のもとその第一歩を踏み出しました。
三和真砂地域で12年間診療を続けていた南地区診療所の活動を引き継ぎ、1974年7月にはみなみ診療所(9床)と改称、移転しました。

南地区診療所    みなみ診療所
 ▲鹿児島医療生協の前身 南地区診療所(1961年)

▲みなみ診療所開院(1974年)

事業所のひろがり
1973年 鹿児島医療生協設立発起人会発足
鹿児島医療生協創立総会
1974年 みなみ診療所開院(9床)
1975年 市民病院開院(27床)
1976年 市民病院増床(56床) 紫原クリニック開院
  1979年市民病院増床(121床) 坂之上クリニック開院
1982年 国分病院開院(35床)
1982年 国分病院増床(47床)
1985年 市民病院新病棟完成(226床)鹿児島生協病院に改称
1986年 みなみ診療所を鴨池生協クリニックに改称、生協会館に移転
1987年 国分病院増床(113床)国分生協病院に改称
1988年 生協歯科クリニック開院 虹の子保育園開園
1989年 鹿児島生協病院が総合病院へ
1992年 中山生協クリニック開院
1993年 川辺生協病院開院(60床)
紫原クリニックを紫原生協クリニックに改称、新築移転
1995年 訪問看護ステーション(以下ST)かもいけ開設
1997年 坂之上クリニックを坂之上生協クリニックへ改称、新築移転
1998年 吉野生協クリニック開院 STこくぶ・たにやま開設
1999年 STむらさきばる・にじ開設
2000年 国分生協病院増床(129床) 生協歯科クリニック鴨池開院
ST万之瀬開設 ヘルパーステーション(以下HS)たにやま開設
2001年 HSこくぶ開設
2002年 谷山生協クリニック開院
2004年 訪問入浴ステーションたにやま HS帯迫・万之瀬開設
2005年 デイサービスセンター虹の家たにやま開設 虹の子保育園新築移転
2006年 HSかもいけ開設
2007年 鹿児島生協病院増床(245床)
2009年 鹿児島生協病増床(306床) HSかもいけと帯迫を統合しHS鹿児島北を開設
2012年 川辺生協病院一般病床から療養病床へ転換(48床)
2013年 HSたにやま・24時間センター開設
2015年 生協往診クリニック開院
2017年 国分生協病院療養病床を地域包括ケア病床に転換
2017年 国分生協病院・ステーションこくぶ新築移転