医療生協とは?

鹿児島医療生協のあゆみ

鹿児島医療生協の誕生

鹿児島に医療生協が誕生したのは1974年のことです。設立の際に出資に協力した組合員650名でのスタートでした。民主的な医療の実現を求める医療従事者の努力と地域住民の支えにより鹿児島医療生協は設立されました。

『ひとりはみんなのために みんなはひとりのために』の精神で

鹿児島医療生協は、地域の医療・福祉をとりまく状況が激しく変化し厳しさを増す中で、組合員とともに事業の内容を決定しながら、いのちと健康を守る活動に取り組んできました。
現在、組合員数は13万人に達し、職員数は1,400名を超える組織となりました。設立の際に趣意書に明記された『ひとりはみんなのために みんなはひとりのために』の精神のもと、組合員である地域住民と職員である医療従事者の協同の“輪”が大きく広がっています。

鹿児島医療生協の前身 南地区診療所(1961年)

鹿児島医療生協の前身南地区診療所(1961年)

鹿児島医療生協の前身 南地区診療所(1961年)

1973年11月 創立総会の様子

みなみ診療所開院(1974年)

みなみ診療所開院(1974年)

鹿児島医療生協の前身 南地区診療所(1961年)

組合員参加で事業方針の決定(総代会)

事業所のひろがり

1973年 鹿児島医療生協設立発起人会発足
鹿児島医療生協創立総会
1974年 みなみ診療所開院(9床)
1975年 市民病院開院(27床)
1976年 市民病院増床(56床) 紫原クリニック開院
1979年市民病院増床(121床) 坂之上クリニック開院
1982年 国分病院開院(35床)
1982年 国分病院増床(47床)
1985年 市民病院新病棟完成(226床)鹿児島生協病院に改称
1986年 みなみ診療所を鴨池生協クリニックに改称、生協会館に移転
1987年 国分病院増床(113床)国分生協病院に改称
1988年 生協歯科クリニック開院 虹の子保育園開園
1989年 鹿児島生協病院が総合病院へ
1992年 中山生協クリニック開院
1993年 川辺生協病院開院(60床)
紫原クリニックを紫原生協クリニックに改称、新築移転
1995年 訪問看護ステーションかもいけ開設
1997年 坂之上クリニックを坂之上生協クリニックへ改称、新築移転
1998年 吉野生協クリニック開院 訪問看護ステーションこくぶ・訪問看護ステーションたにやま開設
1999年 訪問看護ステーションむらさきばる・にじ開設
2000年 国分生協病院増床(129床) 生協歯科クリニック鴨池開院
訪問看護ステーション万之瀬開設 ヘルパーステーションたにやま開設
2001年 ヘルパーステーションこくぶ開設
2002年 谷山生協クリニック開院
2004年 訪問入浴ステーションたにやま ヘルパーステーション帯迫・万之瀬開設
2005年 デイサービスセンター虹の家たにやま開設 虹の子保育園新築移転
2006年 ヘルパーステーションかもいけ開設
2007年 鹿児島生協病院増床(245床)
2009年 鹿児島生協病増床(306床) ヘルパーステーションかもいけと帯迫を統合しヘルパーステーション鹿児島北を開設
2012年 川辺生協病院一般病床から療養病床へ転換(48床)
2013年 ヘルパーステーションたにやま・24時間センター開設
2015年 生協往診クリニック開院
2017年 国分生協病院療養病床を地域包括ケア病床に転換
2017年 国分生協病院・訪問看護ステーションこくぶ・ヘルパーステーションこくぶ新築移転
医療生協だより
おたがいさま活動
無料低額診療事業のご案内
介護職員の方への研修会のご案内
虹の子保育園
医療生協だより
おたがいさま活動
無料低額診療事業のご案内
介護職員の方への研修会のご案内
虹の子保育園
logo seikyo02

鹿児島県鹿児島市谷山中央5丁目12-3
TEL.099-268-8955 FAX.099-269-7199