医療生協とは?

事業内容

患者・利用者の立場に立った親切な医療・福祉を

患者の基本的な人権を尊重した医療をめざし、様々な取り組みをすすめます

すべての人々が安心して医療を受けられるよう、差額ベッド料金はありません。親切で安全かつ質の高い医療・福祉を提供し、地域医療に深く貢献しています。

医師を中心にした民主的チーム医療

すべての職種の職員が、対等・平等に様々な事業活動や運営に参加します。

すべての職員が参加して事業活動方針を定めます

日常の診療の充実・整備、医療機器・設備の改善、研修計画や接遇改善などについて全職員で話し合います。

社会保障制度の維持・充実を目指します

私たちのくらしには、社会の諸制度が大きく関わっています。社会保障制度の充実をめざし、事業活動をすすめます。

地域の要望に応え、病院を中心に休日・夜間などの救急医療に力を注いでいます

救急患者や重症患者に備えて夜間・休日救急診療を行っています。また、鹿児島生協病院と国分生協病院はCCUネットワーク指定病院として救急救命医療を担っています。

事業内容

総合病院 鹿児島生協病院をセンター病院として、鹿児島市・霧島市・南九州市に3つの病院を有し、その他に7つの医科・歯科クリニック、12の訪問看護・訪問介護・訪問入浴・デイサービスなどの福祉事業施設、また、保育園・病後児保育などを運営し、1,400名を超える職員が医療・福祉に従事しています。

受付の様子

受付の様子

医療事業

診療科は、内科を中心に消化器・循環器・呼吸器・神経内科の他、小児科・外科・整形外科・眼科・泌尿器科・婦人科・麻酔科・病理科・歯科などがあり、約100名の医師が他医療従事者と連携して民主的チーム医療の実践に努めています。先進的な医療施設の整備を背景に地域から着実に評価を得て、1日平均1,779名(外来1,306名、入院473名)の患者が病院・診療所を利用する、地域になくてはならない存在となりました。

他職種とのカンファレンス

多職種とのカンファレンス

福祉事業

病院と介護事業所との連携を強化し、事業所の規模的拡大をすすめ、訪問看護・訪問介護・通所リハビリなどの介護サービスを1日平均433名が利用しています。医療生協らしい地域包括ケア作りに取り組み、安心して地域に住み続けたいという願いに寄り添う医療と福祉の一体的な事業を展開しています。人材育成のために介護職員初任者研修や介護職員等による喀痰吸引実施研修などを行っています。

通所リハビリ

通所リハビリ

鹿児島医療生協が発足して約40年。発足時、650世帯の組合員が、今では13万世帯をこえる組織として成長してきました。
医療生協は、総合病院鹿児島生協病院をセンター病院として、2016年度は3つの病院と7つの診療所、1つの歯科診療所、5つの訪問看護ステーション、4つのヘルパーステーション、1つの訪問入浴ステーション、1つのデイサービスセンター、1つの保育園などを運営し、約90名の医師集団をはじめ、1,300名以上の職員が医療・介護に従事しています。1日平均2,080名(外来1,600名、入院480名)の患者様が病院・診療所を利用され、訪問看護・訪問介護・通所リハビリなど介護サービスも1日420名が利用されています。
このように、私たちの掲げる民主的な医療・福祉行は大きくネットワークを広げて来ました。
医師・看護師をはじめ、すぐれたスタッフと、先進的な医療施設の整備を背景に、地域から着実に評価を得て、今では地域になくてはならない存在となりました。
現在1,300名をこえる職員の中で、医師は内科を中心に消化器・循環器・呼吸器・神経内科の他、小児科・外科・整形外科・眼科・耳鼻咽喉科・泌尿器科・婦人科・麻酔科・病理科・歯科など、約90名となっています。
こうした医師を中心に、各職種が自主性をもって民主的な集団医療を実践しています。

電子カルテ

電子カルテ

MDCT

MDCT

マンモグラフィ

マンモグラフィ

医療生協だより
おたがいさま活動
無料低額診療事業のご案内
介護職員の方への研修会のご案内
虹の子保育園
医療生協だより
おたがいさま活動
無料低額診療事業のご案内
介護職員の方への研修会のご案内
虹の子保育園
logo seikyo02

鹿児島県鹿児島市谷山中央5丁目12-3
TEL.099-268-8955 FAX.099-269-7199